倉庫・駐車場における監視カメラ設置事例

アルコムの最新防犯システム実績をご紹介。

弊社がお客様へご提案させていただきました防犯システムの導入事例を紹介いたします。様々な設置環境での導入例を掲載しておりますので、お客様の防犯システム導入時のご参考になれば幸いです。
今回は、倉庫・駐車場における防犯カメラ設置事例を紹介します。
よくお問合せ頂くのが、駐車場への監視カメラ設置です。特に、個人宅では盗難よりも、傷をわざと付けられる。などの車へのイタズラ被害に悩まれ、証拠を映す為に監視カメラを設置されるケースが多くあります。
日頃から頻繁に被害にあっていて、証拠を取りたいという場合には、目立ち難い小型の防犯カメラや望遠タイプの監視カメラで少し遠くから監視されるのがオススメです。逆に、今後被害にあうのを少しでも防ぎたい。という場合には、威嚇効果の高い大きくて目立つ防犯カメラを車の近くへ設置すると効果的かと思います。

お客様の状況

○車へのイタズラ。
○倉庫内への侵入形跡。

防犯カメラの設置提案

1.出入り口を赤外線カメラで監視。

事務所の出入り口や窓がある場所にカメラを設置し、不審者などの侵入を防ぐ。また、倉庫裏は縦長い場所のため望遠レンズのカメラを設置。

商品:防雨型赤外線カメラ(標準レンズ)×1台、防雨型赤外線カメラ(準望遠レンズ)×1台


2.駐車場を赤外線カメラで監視。

車へのいたずら防止のため、カメラを設置。夜間などの暗闇でも確実に侵入者を捉える赤外線暗視機能を搭載したカメラを選択。

商品:屋外防雨赤外線カメラ(標準レンズ)×2台


3.事務所内を暗視カメラで監視。

事務所内の金庫付近に業務中、夜間や休日を問わず監視できるように赤外線暗視機能がついたカメラを設置。

商品:高画質カラー暗視ドームカメラ×1台

今回ご提案した防犯システム商品の一覧

初めて監視カメラを設置する際にどんなタイプのカメラをどういう風に設置すればいいのかという点で迷ってしまわれると思います。 アルコムはお電話やメールにて条件に合った監視カメラや設置プランをご提案し、お客様に満足して頂きたいと思っています。 電話